車の査定を浜松でするならコレ!愛車を最高値で売るコツ

過走行車を高く買取する業者を探している方は必見!ディーラー下取り査定や買い取り見積りしたけど思うような金額がつかなかった方にピッタリ。10年落ち以上の低年式車や走行距離が10万キロを超えている多走行車を売る時に知っていると役に立ちます

過走行車を高く買取する業者を探している方は必見!ディーラー下取り査定や買い取り見積りしたけど思うような金額がつかなかった方にピッタリ。10年落ち以上の低年式車や走行距離が10万キロを超えている多走行車を売る時に知っていると役に立ちます




なぜ過走行だと査定価格が低くなるのか?

中古車の査定をする時には、走行距離が10万キロを超えていたり、年間の走行距離が2万キロ以上だったりすると平均的な買取相場よりも値段がガクッと下がるという話を聞いたことがある方も多いと思います。

日本国内では自動車は10年落ちや走行距離が10万キロになると壊れやすかったり、タイミングベルトやウォーターポンプなど交換しなければいけない部品があったり、車としての価値がなくなるというようなイメージが強くあるために、過走行車は買い手が少なくなるから査定価格も低くなりがちです。

値落ちする金額は車の年式にもよりますが、高年式の車の場合には古い車に比べて査定価値がグッと下がりやすい感じがします。

例えば初年度登録から5年落ちで走行距離が10万kmという場合にも、平均すると年間の走行距離が2万キロとなり過走行車に当てはまります。一般的に1年間の走行距離が10,000~15,000キロ以上の場合には多走行となり、ディーラー下取りなどの査定額が低くなる傾向があります。
 

走行距離が10万km以上の多走行車を高く売るには

査定価格が低くなってしまいがちな過走行車を少しでも高く売りたい時にはどうすればよいのか?

一つの方法として、査定の時に走行距離ばかりを重視しない買い取り会社を見つけることができれば買取価格が高くなる可能性が上がります。特に海外に輸出する業者では日本国内向けの会社よりも走行距離を重視しません。外国では日本のように10万キロで乗り換える風習がないためです。ですが、自宅の周辺エリアに数多くある中古車買い取り会社の中からどの会社が走行距離に重きをおいていないのか、どの買い取り業者が海外に輸出しているのかは、わかりにくいですよね。

そこで便利なのが中古車一括査定サービスです。

一括査定サービスには数多くの買取会社が参加しているため、そのような走行距離ばかりを重視しない業者もいます。複数の買い取り業者からの見積もりを比較することで愛車の最高値が簡単にわかります。

かんたん車査定ガイド
入力時間 32秒
見積り会社 最大10社

32秒の入力で愛車の概算価格がわかる!
一流の車買取業者が参加していて安心。
ディーラー下取りより平均17万円も高い!!
今なら最大10万円もらえるキャンペーン中!

ズバット車買取比較
入力時間 1分
見積り会社 最大10社

全国150社以上が加盟しているサイト。
累計利用者100万人以上の実践で安心♪
利用者の7割が5万円以上の差を体感!
今なら現金10万円が当たるキャンペーン中!!

楽天 無料愛車一括査定
入力時間 3分
見積り会社 最大10社

有名な楽天ブランドなので安心です。
全国60社以上の査定会社と連携!
査定依頼するだけで楽天ポイントGET!!
成約すると1,500ポイントもらえます♪


 

走行距離にこだわらない買取業者を見つけるなら

数多くある一括査定サービスの中でも参加業者が圧倒的に多いのが「カーセンサー」の一括査定です。


公式サイトはコチラ⇒ カーセンサー簡単ネット査定で買取価格を確認してみる
 


全国1000社以上の買取業者が参加していますから過走行車でも高値が期待できます。

エンジンやCVTミッション、セルモーターやオルタネーター、パワステポンプ、エアコンコンプレッサーなどのメカパーツやエバポレーター、コンピューターやセンサー、バッテリーなどの電装品、ステアリングギアボックスやストラット、サスペンションメンバーなどの足回りなどの各機関の調子が良いので「たくさんの距離を走れた」という点をプラスに捉えてくれる買取業者なら高く買い取りしてくれるハズです。



それに加えて、トヨタや日産、ホンダなどの日本でも世界でも人気がある車種はエンジンやミッションも需要が多くありますしドアやバンパー、ライトなどの外装パーツなどの部品も含めて日本国内だけでなく世界中で人気があるので、日本ほど走行距離を気にしない海外に向けて輸出しているバイヤーは多走行車でも高値で売買しています。

そのような理由があるので、ひとつでも多くの査定業者に見積りをしてもらうことが過走行の車両を高く売る秘訣です。
 

思うような金額が付かなかった時には

中古車一括査定サービスでは思うような金額にならなかった…という時には、廃車買取業者に見積りをもらいましょう!

なぜ廃車買取業者に査定してもらうのかというと、車本体の買取価格に加えて車検の残り期間がある時は、自賠責保険や自動車税、重量税などの税金の還付金があるからです。まずは無料で使えるこちらで、還付金がいくらなのか確認してみてください!


>>> 廃車ひきとり110番で還付金がいくらなのか確認する



それだけでなく、廃車買取をしている自動車リサイクル会社や自動車解体業者は、車の金属や中古パーツを基準に査定するので買取価格が想像以上に高くなることがあります。

ケニアやウガンダ、ナイジェリアなどのアフリカやドバイのあるアラブ首長国連邦やエジプト、パキスタン、アフガニスタン、ミャンマー、フィリピン、タイやマレーシアやスリランカなどのアジア、ロシアやオーストラリアなどの海外に輸出されるハーフカットやノーズカット、エンジンやミッション、ドアやバンパーなどの中古パーツを売買する時には走行距離が何キロだからというのは、ほとんど関係ないんです。外国人バイヤーは部品の状態はチェックしても過走行だからとか10万kmだから安くしてというように走行距離を気にすることはありません。

日本国内で販売される中古部品も、オルタネーターやエアコンコンプレッサー、セルモーターやエンジン、ミッション、ラジエターやコンデンサーなどのメカパーツは走行距離が気になるパーツですが、ヘッドライトやテールランプ、フロントバンパーやフェンダー、ボンネット、ドアやリアゲート、ドアミラーやエアコンスイッチ、カーナビゲーションなどは何キロ走っていても、それほど使う時には問題になりません。
そういったことから、廃車買取業者が解体車として買い取りする車両は3万キロでも10万キロでも18万キロでもそこまで金額は変わりません。

比較的高く買い取りされている車種は、トヨタのハイエースやランドクルーザー、日産のキャラバン、三菱のデリカやパジェロなどのディーゼル車やトヨタのミニバン系の車種、中でもエスティマやアルファードに搭載されている2AZエンジンの車はよく動いています。他にもホンダのオデッセイやエリシオン、インスパイアやレジェンド、三菱のランサーエボリューション、アウトランダーなどがあります。

 

対応エリア

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京(千代田区/中央区/港区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/豊島区/北区/荒川区/板橋区/練馬区/足立区/葛飾区/江戸川区/)/神奈川/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知/三重/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄/札幌/仙台/さいたま/横浜/川崎/相模原/浜松/名古屋/堺/神戸/北九州/旭川/函館/盛岡/郡山/いわき/宇都宮/前橋/高崎/川越/船橋/柏/横須賀/金沢/豊田/豊橋/岡崎/大津/高槻/東大阪/豊中/姫路/西宮/尼崎/倉敷/福山/下関/高松/松山/久留米/那覇
 

車の査定を浜松でするならコレ!愛車を最高値で売るコツ © 2019